カテゴリ:高校生活追憶編( 13 )
終わらない夏休み。
最近多忙といえる状態から脱却したような気がしないでもないです。
というのもmixiはただ思いついたことを適当に書いてるだけだし
自動車学校は学科が終わって2時間 / 日 くらいになってるし
ポケモンは全クリしてあとは育成に力を入れるだけだし みたいな。


ポケモンのなんとかダンジョン買おうかな・・・

遊行費としてのお金はまだばくだい余っておりますし(ばくだいって方言だろうか


と思って[ポケモン ダンジョン]で検索したら


2種類あるーーー!!


ゲームフリーク大先生の必殺商法大炸裂ですよ。
ほんと、いい加減にしてほしいですよね。
なんすか赤版緑版みたいの。
どっちにしか出ないポケモンがあるからどっちも買ってね!僕達の利益を増やしてね!
あっ嫌なら買わなくていいよ!
あっそろそろ内容全ッ然変わらないけど青版ってのが出るからね!これも買ってね!


・・・

この商法はさすがにイラッと来る人多いんじゃないですかね?笑

どうせ、そのポケモンダンジョンもまた青版的なもんが出るんでしょうね。


まぁ、俺はそれでも買ってしまうんですけど。


なぎさちゃんにでも聞いてみるか・・・



暇つぶしに余念がない、ポケモンオタクの友井でした。



さて追憶編行きましょう。
とっとと夏休み終わらしましょう!今日で入院終わりますね。


2007年 夏休み――

チューブも抜いて1日が経過。
経過も良好で、犬神先生は初めて「退院を視野にする」と口にしました。

やりました!

正直、入院生活にはもうほんと嫌気が差してたんですよ。

何も魅力がないデブ看護婦高橋さんに、
全然おいしくない病院食に、
俺のまわりにいる盲腸オッサン団が非・社交的でおもんない。

それ町の歩鳥も入院生活に飽きて院内をぶらぶらしてましたが、
俺もまったくそんな感じでしたよ(分かる人だけ分かってくれ

そこに来ての退院検討ですからね!
もうありがとうございますありがとうございますありがとうございます。


そんでもって。


退院検討から2~3日ありまして、

母さんが受付で¥53,000を払って無事退院することができました。

その中にはあの夜もらった痛み止めの代金とかも含まれてて
なんとも抜け目ない機関ですなーと思いました。
病人を食い物にする機関ですからしょうがない。


ちなみに
いろいろ書いてから退院だ!ヤッホーゥ!みたいな展開にしようかと思ったんですが
正直何書いても『え~?またこれ?』みたいな展開になるんで思い切って省きました(笑



で、1週間ぶりの我が家。
1週間ぶりの猫。
1週間ぶりの・・・ネット!!

1週間!長い長い。


そして、これから1ヶ月間ずーーっと 自 宅 暮 ら し


ああ・・・



久々に自宅に帰ってきて、懐かしい気持ちもありましたが
これから1ヶ月ずっといなくてはならないと聞いて、途端にその気持ちが飛びました。



今日はこのくらいにしましょうか。おなかすいてきたんで。
あ~~~~眠い眠い
[PR]
by tears-1990 | 2009-03-19 11:54 | 高校生活追憶編
ババンババンバンバン。
JOICFPって機関、知ってます?

いや超マイナー機関なんで知らなくても恥とかじゃないんですけど
政経の参考書に出てきてなんか覚えやすかったんでまだ覚えてるんです。

さて



何と読むんでしょう か!





正解は


「ジョイセフ」




読めないにもほどがある(笑

JOICFP (ジョイセフ)

後半の失速が惜しいですね。

はい。



さぁ長らくお待たせしましたが追憶編書いていきましょう。
所詮自己満足、自己満足、オイエ
さぁ現在の時間軸に追いつくのはいつになるのかしら!
とりあえず、入院編をひっぱりすぎな気がしますんで、ちゃちゃっと終わらせたいですね。



2007年 夏休み――


さて入院にも慣れてきた俺でしたが、チューブからの空気移動量が0になったということで
(つまり肺からもれた空気を、体内から完全に取り除けたということ)
ついにチューブを抜くことになったのです。
あとは経過を見て、よければさっさと退院していいよ!みたいな感じでした。


うん


やったね!


これで風呂に入れるよ!やったねたえちゃん!


そんで俺は一目散に風呂に入ろうと思ったんですが
なんかデブ看護婦の高橋さんに「入浴時間があるのよブフフフ」とか言われて
くそったれと思いながら病室に戻りました。

でも

自由に歩き回ることができて嬉しかったのです。
ちょいとこのブログ史上初めてのマジメな話になってしまいますが
チューブでつながれていたときは、そのチューブが機械につながっていたので
その機械を手押し車でごろごろ転がしながら歩かないといけなかったわけです。

正直、超わずらわしい。

で、病院とはいえども段差とかあるわけですよ。エレベーターとか。
その時にまわりの人とかに手伝ってもらわないと段差を越えることができなかったため
そのとき、少しばかりではありますが障害者の方の気持ちを理解することが出来ました。
なので俺は今でも、障害者の人の気持ちというのに多少の理解があります。
こういうことを経験しないと分からない心情なので、
入院を経験することというのもけして悪くはなかったと思っています。
よ。



はい!!!!!マジメな話おわり!!!!!!!!!!!!!!!!!



でこの日も小頃野さんとかその他2名に来てもらって楽しく過ごしました。
3人で屋上に行ったりして、結構思い出に残ってますね。
でも暗いところから小頃野さんが出てきたらビビります。顔怖いんだモン☆


そんで20時までそいつらはいたんですが
その後は待望のお風呂タイム!!

デブ看護婦・高橋さんに傷口を塞いでもらうための密着シールみたいのを貼ってもらって
いざ!出☆陣!!


ああああああああああいきかえるうううううううううううううううううううう
まさか中学のとき修学旅行のために買ったお風呂セットをこんなとこで使うとは
まったく思ってませんでしたが とても重宝しました。ありがとう!

たっぷり入浴時間ぎりぎりまで風呂に使った俺は幸せいっぱいで部屋に戻りました。


しかし悪夢が・・・

ちょっと痛いの苦手な人は矢印が終わるまですっ飛ばしたほうがいいです。


↓それはですね・・・
↓いいですか、ちょっと考えてみてください。

↓まず、俺は今朝チューブを抜かれた。
↓まだ傷口は開いてますよね?だからテープ貼ってるんですし。

↓そんで、傷口の上からテープを貼った。


↓そしてそれを・・・


↓一気にはがす!!!!!!!!!


↓ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!




↓まぁ そっ とはがしたのですごい痛いわけではありませんでしたが

↓とんでもない痛みがありました(^o^)ノ




そしてなんか俺はシールでかぶれてしまい、
体の側面に大きな四角いかぶれができてしまいました。
そう、俺は体が弱いですが皮膚まで弱い超弱体人間なのですね。
このかぶれの痕ですが、一向にひかず年を越えてからやっとおさまってきます。

でも
いろいろ弊害がありましたが


やっぱり風呂最高!!!!



ということで今日はここまでにしましょう。
最近学科の授業が終わったので、自動車学校で車を乗り回しています。
教官の先生がビビる運転をしまくっていますが4月中ごろには免許取れそーっすね(^Q^)

ではまた暇が出来たら書きますー。バァイ
[PR]
by tears-1990 | 2009-03-17 15:18 | 高校生活追憶編
本編超短いよ。
この前からmixiなるものに参加しているのですが、
正直 相 当 好きに文章書かせてもらっております。

なんていうか、自由なんですよね。
こっちは俺が知らない不特定多数の人も見ているわけで
一応少しばかりの礼節を散りばめないといけないのですが
あっちはもうやりたい放題なんですよね。はっはっは。

たとえるなら、あっちが学校での普通の会話で
こっちがディベートの会話みたいな感じじゃないですかねー?

まぁどうでもいいですが、とりあえず俺はmixiに対して好印象ということです(?


相変わらずの支離滅裂っぷりですので上記はスルーでも構わないのです。


と、あとお知らせ!!

うちの母さんの話を聞けば聞くほど、時系列のミスが出てきます。
とりあえず前のやつも前の前のやつも修正してます。
これからも気をつけて書きますが、もしミスがあれば随時修正で。



はい、つーことで今日も頑張って追憶していきましょう。

2007年 夏休み――


早いものでもう入院生活も3日目。
肺の穴も大体塞がり、あとはレントゲンやら撮ってから
完全に治癒した!ということになれば退院していいそうです。


というか、チューブを抜いてくれないと風呂に入れないの。


入院生活3日=風呂ナシ生活も3日ということなので
さすがにウェットティッシュ体ふきと水いらずシャンプーでの整髪では
ちょっと体がもぞもぞするようになってきました。

基本的に風呂が大好きな人間なんですよ。俺は。
だから早くチューブ抜いてよ!もうええやん!と犬神先生に懇願していました。
でも返答は『まだダメ』。
これも全部パーリーとFのせい(責任転嫁)だと思うと
なんだかムシャクシャしました(やつあたりに近い)


面会時間になり、今日もそれなりに人がやってきてくれました。
ある人は『暇だから』といってずーっといてくれ、
ネプリーグを一緒に見るくらい一緒にいました。いい人だねぇ。


その人らも帰り、夜になりました。

もう談話室とかめんどくさいので、本来禁止ですが
病室でメールを打っておりました。もうええやん!
同じ病室の人たちは3人いたのですが、

盲腸、

盲腸、




盲腸。




どんだけ盲腸ブームなんですか。



なので俺、もう思い切って携帯使いました。
となりの30手前の兄ちゃんも使ってましたし。

携帯が使えるので、俺は暇することなく
その日は2時に就寝いたしました。





今日はここまでだい!
いろいろ修正してちょっと疲れたので
今日はこんな手抜きで・・・いいんじゃないかな・・・


というわけで明日またお会いしましょうね。ばいばいきん
[PR]
by tears-1990 | 2009-03-08 12:42 | 高校生活追憶編
『追憶』するのが約2週間ぶりと聞いて。
さていきなりですが、このたび私友井は
部活の先輩からの勧誘だか招待だかを受け、mixi に馳せ参じることに相成りました。


びっくりするほどマイミクがいません。

今マイミクは2人ですが、
その先輩と乃木のみです。

というわけでみくしーには、
こっちでは書けない話とかこっちのコピペとか貼っていきます(最悪

でも追憶編書き上げたら、こっち閉めてあっちに移行~とかあるかもしれません。
まぁどうなんでしょうね。まだ分かりません。ええ。

誰かマイミクになろうぜ!



さて本編です。
前の追憶編が2/24なので約2週間ぶりですね。
25・26日が国公立試験で27日がそのレポ、28日がブログ誕生日についてで
1日卒業式で騒いで2日はハンゲ(いいのか)で3日が卒業式レポ。昨日はポケモン。

ははあ・・・

しょうがないですね(謎


では3月中の書き終わりを目指して書いていきましょう。

2007年 夏休み――

左肺に挿されたチューブの痛みで夜全く寝られなかった俺は
次の日は顔に大きなクマをこしらえていました。

日ごろは3時4時まで起きていることもあるんですが、
なんていうか照明が暗いまま寝ないと疲労倍増な感じなので(俺はね)
翌日の疲労ったらありませんでした。

でホゲーッとしてたら看護婦さんが朝食を持ってきました。
その看護婦さんが・・・デブ!!!!
すごいんです!!とんでもないんですよ!!!
学校の体育倉庫においてあるコーンみたいな体型なんですよ。
石塚英彦みたいな感じでした。

ほんで朝食も 多い!
入院期間中、出された食事を完食する事はありませんでした。



高校生だからってよく食うとか思うなァァ!!!



というのをこんな調子で怒鳴り散らしたかったんですが、
病院というのと肺が絶不調(まぁ穴開いてるし)なのでやめました。
看護婦さんに打診してみたんですが、改善されませんでした。死ね☆



そんで9時。
朝の定期健診(?)に来た犬神先生から俺はとんでもないことを聞きます。

「あー友井君。

1週間くらいで退院できますが、

8月はずっと自宅療養ね☆」



な・・・なんだってー!!!!????



楽しめる高校生活生活最後の夏休み{来年は受験勉強(の予定)}を
全部自宅療養だって!!!
あの定期演奏会だってもちろん出られない上に
プールも花火大会もあの子とのランデヴーも全部無に帰すというのか!!!
俺だった夏の夜の逢瀬とか楽しみてえよ!!!!!!
ざけんなあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!


「分かりました」
「おっ聞き分けがいいねぇ」



ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああッッッッッ!!!!!!!!!!



この瞬間、俺の楽しい夏休みは一瞬にして音を立てて崩れ落ちてしまいました。

もうね、アホかと。
これじゃあ俺の夏休みの思い出といえば
野球応援と、Fとの過酷な練習しかないじゃん と。
あとは入院しかないじゃん と。
もう どうなん と。

犬神先生が帰った後も、しばらく悲しみにくれておりました。


その後。
うちのおじいちゃんとおばあちゃんがやってきました。

ちなみに俺はおじいちゃんおばあちゃんが大好きです。ええ。
我が家の祖父母はその人柄の良さから、大変な人気を誇っております。


そんでしばらく話してたんです。

話してる最中、うちのばあちゃんが桃をむいてくれたんですけど
うん、リンゴじゃないの?と思いました(笑


でまたしばらく談笑してたんですけど


「456号室ってここー?」
「あっ、あったあった!」
「おー、友井ー!!」




え?




・・・




トロンボーンパート登場!

じいちゃんばあちゃんと鉢合わせ!



「・・・」
「・・・」


「じゃあばあちゃんらはもう帰ろうかね」
「そうじゃの」

のおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!


トロンボーンパートに押されるようにして、我が祖父母は出て行ってしまいました。
もう!



そのあとしばしトロンボーンパートの人たちとの時間がありました。
なんかゼリーを持ってきてくれてたりして、なかなかよい時間でした。
うん、いいパートだ。実に。

で、1時間くらいいてどやどやと帰っていきました。



その夜、また暇になったのでテレビをつけました。
なんか野球でもやってないか!どうだと思って日テレをつけたのですが、


DASH村。




のおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!




もうDASH村とか誰が見てるんだよ!どの層から人気で番組が続いてるんだ!
俺はそんなのより昔の『区内で100人から逃げられるか?』とかの方が好きだったよ!


というわけでまたNHKのニュース7を見てたんですが、また
さっきのデブ看護婦に「まじめネェ~さすがB高ネェ~」と褒められました。


今日はここまでです。ああ疲れたぜ!
じゃあまた明日(普通だ
[PR]
by tears-1990 | 2009-03-05 12:44 | 高校生活追憶編
かわいい看護婦さんなんて都市伝説なんですよね。
前回のあらすじ!!


c0068115_13534868.gif




c0068115_1354943.gif





続けていきましょう。今日はいきなり本編ですよ!


2007年7月28日 夕方――

俺は病室に通され、やたら体毛が濃いお医者さんから説明を受けました。

「どうも。担当医の 犬 神 と。申しますよろしく。」 ←もちろん仮名
「よろしくお願いします」
「うん。さて気胸ということだねうん。チューブがついてるね、うん。」
「・・・」
「うん移動するときはー、そのチューブが抜けないようにね。」
「はい」
「痛かったらそこの!ボタンを押したらナースが飛んでくるよ。うん。分かった?」
「分かりました」
「じゃあまた何かあったら来ますね。」


はぁ・・・

美人女医さんじゃないのか・・・



恥をしのんで言いますけども、これは俺が当時本当に思ったことなのです。
だってそうでしょう!?
あんな毛深いリアルテディベアみたいなのより、
清楚で可憐な女医さんのほうが嬉しいじゃないか!!!!
西川先生みたいなのは勘弁ですけどね。


男の醜い欲望をさらけ出したところで話を戻しましょう。

いろいろごたごたしてて、いつの間にやら周りは暗くなっていました。
そういや入院のこととかいろいろ報告しないといけないなぁと思って
談話室に行って携帯の電源をつけました。

そしたらメールが来てたんですよ。
ああ、コンクールの結果かな!と思って開いたんですよ。そしたら

1通目

お前の分まで演れんかった

2通目

金賞
中大落ち



うおおおおおお!!!


そうか中大(中国大会の略、読みは『ちゅうたい』)行けなかったのか・・・
絶対Fのせいだな・・・
で、多分部内は今阿鼻叫喚の世界だろうな・・・おおこわい



やれやれ・・・

と考えているうちにどんどん力が抜けていきました。

だってそうでしょう。
パワプロでいうとこの

「県大会予選まであと1週間だ!練習頑張るぞ!」
「オー!」
→ 故障率42%
「グワッ!!」
「どうしたんでやんす友井君!! うわっ!これは大変でやんす~~!!」
医者「全治1週間の気胸です」
「はぁ~~今頃みんな試合か~~どうなっているんだろう」
ガチャッ
「矢部君!試合はどうだったの?!」
「頑張ったでやんすが、試合は、負けてしまったでやんす・・・」
「そうか・・・俺が出てれば今頃・・・」

を、地でやってしまったんですから。



まぁパワプロと俺の事件の違いは看護婦さんが美人かそうでないか(x


で談話室にいたら携帯に
パートリーダーの先輩(犯人)から電話がかかってきて、
いろいろと病気の説明とかなんとかの話をしました。
しばらくして、Fが勝手に俺の電話番号を調べて、かけてきやがりました。
30秒くらいで切ったような覚えがあります。


で、その後、母さんに入院生活に必要なものをいろいろ持ってきてもらいました。
携帯の充電器とか、iPodとか、ふりかけとか、わりばしとか。

この中央病院というのがすごいケチなところで、わりばしとかただでくれないんですよ。
というか院内食にハシが付いてないんです。
高い入院費払って入院してるのにハシをつけない。
それに何にもおかずがないのに白ごはんなんですよ。ふりかけ必須。
きゅうりで飯が食えるか!それ以前に俺はきゅうりが食えんわ!
ほんと何考えてんだか・・・


その夜。

面会時間が終わると本当に暇なんです。
なので俺はテレビをつけました。

このテレビなんですけど、もちろん有料です。
テレホンカードみたいなのを買わされて、それが0になったらまた買ってね!という
患者の弱みに付け込む、単なる悪徳商法。
イヤホン必須で、もちろんイヤホンも有料です。

ウザい病院ですこと。


そんで俺は思い出したんですよ。
なんかこの前、日テレで広島巨人とかやってたような気がする。
今日もやってるんじゃない!??

喜び勇んで俺は日テレをつけたんですよ。

パッ



→ 天才志村動物園。




のおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!





と散々悪態をついて、もう全然面白いのがなかったんで
NHKのニュース7とかを見てたら
デブ看護婦に「まじめネェ~さすがB高ネェ~」と褒められました。



その夜。
まさか23時に消灯と思ってなかった俺は、猛烈に暇と戦うことになります。
天井に規則正しくあいた穴(保健室特有のアレ)の数をずーっと数えていましたが
それも1時間程度で飽きてしまいました。

そもそも、チューブを結構ぐいぐい入れられた上に麻酔も切れてきたので
相当痛くなってきたんですよ。挿入口(?)が。
でその痛みで3時くらいまで寝られずに、
ついにボタンを押して痛み止めをもらう事態にまで発展しました。

で、4時くらいになってようやくうつらうつらしてたんですが
結局寝られたのか寝られなかったのかよく分からないまま
朝になってしまいました。






さて今日はこの辺で。
激動の7月28日がやっと終わりました。
今日はいつにもまして文章力の無さが際立つ文章です。自覚しています。

それにしても・・・どうして看護婦さんてあんなにデブが多いんでしょう(失礼

26日が一応受ける国公立の試験なので明日あさっては更新しないかもです。

じゃあシーユー!(円天に変わる挨拶はないかしら
[PR]
by tears-1990 | 2009-02-24 15:04 | 高校生活追憶編
犯人はあなたですね。
ついに我がブログ、「パラレルシティー特捜部」が、名前を変えてから
google検索で出てくるようになりました!わー、パチパチ






あ の 日 の 記 事 がな!!!





これ以上のネタ無いと思います。
ありがたいやら悲しいやら。


追憶編とかもいっぱい書いてるというのに、なぜ あの記事 が・・・

気になる方はググってみてください。

こんにちは友井です(これももう名前覚えてもらったからいいだろうか


最近、適当に過去記事を読んでいたら
ありえないミスをみつけてしまいました。
すぐ修正しましたけどね。

うん・・・これは 本当にありえない

まさかリア友を実名で書いているだなんて

うん、びっくりしました。

WBCの代表に亀井が残ったのもびっくりしましたけど、

それよりびっくりしました(謎



はいはい本編だよ!!
何日か前に「今日で夏を終わらせたい」と言っていましたが
残念なことに絶対無理なことが判明いたしました。
そういやいつだったか5~8月は10行で終わるとか書いた気が・・・

ちなみに今日は、7月27・28日分ですが
非常に重たい内容であります。
俺の人生でもっとも長い2日間、まぁ・・・とくとご覧あれ(?


2007年7月 夏休み続き――


7月27日金曜日、朝。
さわやかな朝の日差しと共に、激痛も目覚めたようで
『一晩寝たら治るんじゃないかな?』という一縷の望みは吹っ飛んでしまいました。

当然部活に出られる状況じゃなかったので、先輩にメールをして
その日の午前中はずーっとゆっくりしていました。
息苦しさこそ多少治まっていましたが、左を下にして横になると痛いのは変わらず
この症状に対して、なんともいえない気味の悪さがありました。

昼になって、部員達から
「明日コンクールなのに何してるんだよー」とか
「大丈夫かー?」とかいろいろメールが来ました。


うん・・・
たしかに

明日コンクール出られるんだろうか?

もし明日コンクール出られなかったら
あのFとやったクソみたいな合奏、というか練習は完全に無に帰すことになる

というか俺結構重要なところ吹いてるのに休んだらダメだろ

でも今息を吐くことすら厳しいのに楽器なんか吹けんやろ





とかいろいろ葛藤がありました。

俺は最後に来た「まぁ来れたら来い」というメールに従うことにしました。

行けたらいいなーとか思っていましたが、
だんだん行けないんだろうなーという感じに心が変わっていきました。

で、午後は特に何もすることなくぼーっとしていました。

17時くらいに親が仕事から帰ってきたので、病院に行ってみることにしました。
17時だったのでさすがに開いてないだろうと思っていたんですが、
ギリッギリで、本当に滑り込みで診察を受けられました。

「どうされました」
「昨日学校の帰りに苦しくなってですね」
「はい」
「自転車で帰れなくなるくらい苦しかったんですよ」
「は?」
「鼓動が速くなったりして」

・・・

しばらくお医者さんがあきれたようにこっちを見てから一喝。

「・・・なんでもっと早く来なかったの!」

ききょうの疑いがあります。もしかしたら肋間神経痛かもしれませんが」

(ききょう?なんのこっちゃ)
(肋間神経痛は 骨の神経みだろうけども)


「とりあえずレントゲン。 おーい小原さーん!レントゲン!」

かくして俺はレントゲンをとることになりました。
子供の頃から見慣れた病院でしたが、レントゲン室に入るのは初めてで
なんともいえないドキドキ感がありました。



レントゲンを撮り終えて。

「うん・・・ちょっと肺の形が左右非対称なんですよ」

「へ?」

ききょうの可能性が高いですけど・・・」

「ききょうって何なんですか?」

「ああ、まぁ大雑把にいうと肺に穴があいちゃう病気ですよ」

「・・・へ?」

「治療できるので怖い病気じゃないです。ちなみに 気 に 胸 で気胸です。」

「はぁ・・・」


しばらく放心しておりました。
なんてったって肺に穴が空くだなんだ聞いたことがないですもん。
つーか生きていけるのかそんなの。

「とりあえず中央病院(でかい病院)に紹介状書いておくんで。」
「今日は遅いので明日にでも行ってください。」


「まぁ塗り薬出しときますね」






え?



塗って治るの?
体の中が痛いのに?

ノド痛かったらネギを巻け、より信憑性ない。
つーかそっちの方が信憑性あるわ。



「まぁこれが1番の治療なんですよ今のところ。肋間神経痛かもしれないし」

「はぁ・・・」

「じゃあ明日中央病院に行って下さいね」



診察代は、レントゲン代もあり結構高かったです。





家に帰ってから、チューブ半分くらいを一気に塗ってみました。

うん

何の効果があるのかな?

あー塗ったなー、としか思えない・・・

でその夜、チューブのもう半分を出して、塗り薬を使い切ってやりました。
夕方に塗ったぶんの効果は毛ほどもなかったので期待はなかったですが
『溺れる者はわらをもつかむ』精神で左半身に塗りたくりました。

この時点でもう明日のコンクールは絶望視しておりますが
1%くらいの期待をのせて、その日は早めに就寝しました。



7月28日土曜日、コンクール当日朝。

その日は7時くらいに目が覚めてしまいました。
塗り薬効果はどうかなっ!?と思って勇んで立ちあがったわけですが



いてぇよ!!



悲しいことに、俺はコンクール欠場が決まりました。


ちょっとチラ裏になってしまうんですが、
俺はコンクールに対する憧れというのがすごかったんですよ。
というのも、1年のときに見た先輩達がすごいかっこよかったからです。
客席から先輩方を見てて
いつか絶対コンクールに出たい!出たい!うおおおおおお と
ずーーーーーーーーーーーーーっと思ってきたんです。

で、今年Fのクソボケが来て部活やめたいなーと思ったんですが
「せめてコンクールまでは頑張ろう」ということでやってきたんです。

それが・・・

コンクールに出られないだなんて・・・

オーディションでコンクール枠を勝ち取ったというのに!!


もう1年部活を続ける?
Fと一緒に?
コンクールに出たいから?

それは・・・


うん、どうしよう☆




それから俺は先輩にメールを送って出れない旨を伝えました。
その後部員達からメールがばーっと来たりしてちょっと泣きそうになりました。


午前中はほんと何をするでもなく、母さんが昼帰ってきてからすぐ中央病院へ。

なんかぶっとい注射で血を抜かれたり、
いやに仰々しい設備でレントゲンを撮ったりしました。

その後2時間くらい放置されたんです。
めっちゃ暇だったんで、待合室に売ってあるコーヒー牛乳を5本くらい飲みました。
中央病院ってほんとに暇潰しのマンガとか週刊誌とかが無くて
あるのがエルマーの冒険とかでした。老人とガキが多いから仕方ないんですが。

で、本当に退屈した頃にやっと中に呼ばれたんです。

「お待たせしてすいません。やっと結果が出ましたよ」

「(お待たせすぎだろクソめ) で結果はどうだったんですか?」

「気胸です。入院して下さい


ま じ で !


かくして俺は入院することになってしまいました。


で、その入院までしてする治療というのがですね。なんとも

体の中にチューブをぶちこんで、肺から出た空気を体外に出す。

その治療のためにですねー
わきの下に麻酔をしてですねー

そこらへんの皮膚を切除してですねー
ちゅーぶをぶちこんでですねー
へんなてーぷでこていしましてですねー
いたいいたいいたいいたいいたいいたいっていっても
だいじょうぶだよだいじょうぶだよってえんえんといわれてですね
しぬかとおもいました


はい!

今回はこれで以上です。
いや記憶をたぐりよせるのにめっちゃ苦労しました。
つーかこれ書くのに3時間くらいかかるってどうなん

これからこれにつながるわけですよ。

さて次は入院中ですね。
まぁ適当にちゃっちゃと書いてしまいましょうー

ああ疲れた

じゃあSEE YOU NEXT MORNING(もはや円天を誰も語っていないけど
[PR]
by tears-1990 | 2009-02-23 11:22 | 高校生活追憶編
よく考えたら季節感が真逆ですね。
唐突ですが、なにげにお気に入りです。昨日のタイトル。
タイトルというものは重要なんですねぇ。初めて知りました。
これからタイトルも重視してみようかな!



そういや最近就寝・起床時刻がとんでもないことになってきました。

普通こういう時、大概の人間は
「俺3時に寝ちまってるぜ~こんな俺どう?やばくね?」みたいな
厨 二 的アレなんですが

俺の場合は

日付が変わる前に寝て、
8時くらいに起きる。


寝覚めがものすごくよいです。


というのもですね。
ほんと最近暇ですることもないので、とっとと寝ちまえみたいな。(笑
そんなに眠くなくても、フトンに入れば自然と眠くなるんですよ。

血行もよくなった気がしますし、うんいいね早寝早起き。
ジジイババアが勤しむ理由も分かるわー(x


ほい本編ですよ。
今日で夏を終わらしたいですが、疲れたら明日までひっぱります(謎



2007年7月 夏休み――

コンクールは7月28日にあったため、夏休みに入ると
休日無し休憩ほぼ無し10時間練習 という、悪魔の日程が組まれていました。

それでも、12時から1時間だけ昼食休憩、というのはあったんです。形式的に。

『形式的に』というのは、
例によってFの合奏が長引くので、合奏は10時~12時の予定なのに
10時~12時50分とかになって

「じゃあ休憩は・・・今から13時30分までね」

と部長が非情な通告。


・・・。
20分短くなったよ☆



弁当を食べて、一息つく間も無くまた練習。
昼ごはんをコンビニに買いに行ったりする人は悲惨で、
食べ終わる前に休憩が終わる、とかそんな人もいました。



その後またFのクソみたいな合奏ですからね。
名指しでの叱責、返事が小さいとか言って1時間説教とかね。
指揮がへたくそだから演奏がずれてそれで怒るとか何様なのでしょうかね
それについて先輩達が文句を言っても「はいはい」ですもの。


それで、部員達はどう思うか?
当然

「部活をやめたい」

と思うに決まっています。
まぁこのことはおいおい語っていきますが。


話は変わって。


楽器を変わったのを戻された俺は、日々楽器に苦しめられていました。
人一倍思いっきり出さなくてはならないので、他の人より2倍疲れていました。

また野球で例えますが、
投手が1日1000球本気で投げ込みをして、
それを20日くらい続けたらどうなるか?


⇒ ひじ・肩を故障するに決まっています。

それで?
その程度の無理な練習を20日くらい続けた俺はどうなるのでしょうか?


当然・・・



さて話を続けます。

7月26日、コンクール3日前のことでした。
コンクール直前ということで、Fは普段以上に気合を入れやがっていました。
で結果的に20時まで学校にいたんですよ。

俺はいつものようにチャリで家に帰っていました。
学校が若干家より遠めなところにあるんで、結構な距離をこがなくてはならず、
ひたすらチャリをこいでいたんですよ。

で、家まであと2キロだ!となってきたとき。そのときです


ドクン







ドクン



???




ドクンドクンドクン・・・




な・・・なんじゃこれ?????



心臓の鼓動が
どんどん速くなってくるぞォーーッ!!




んで

苦しい!!
苦しいよ!!!!!!
息したら痛いなんて初めてだよ!!

あっ、これ死んだ!!
今俺死んだよ!!
あああ!まだやり残したことg
ああ神さmfじぇk、lf・・・


とか思いながら、既に閉店した店の駐車場に倒れこんで親の車を呼びました。

「ちょ・・・っと!ヤバい! ××の駐車場まで来て!!」 ←息も絶え絶え
「えー?ダルいんやけどー」
「やばいから!やばいから!来てね」 プツッ

息をするのも苦しいのに、声を出すなんてもっと苦しかったのです。

今思い出すと、プチトマトをノドにつまらせたような苦しさだったなぁ(遠い目

で、10分くらいして親がやってきました。
親は倒れてる俺を見て「テレビ見てた」とかなんとか言ってましたが
やかましいわはよチャリ車に積んでから帰らんかい!!とも言えず
うんうんと返して車のイスを倒して寝てました。

家に帰ってからもずっと息苦しくて、明日部活行けるんだろうか とか
でも休むネタができて嬉しい とか でもコンクール3日後だけども とか
ずーっとそんなことを考えていました。

その日は23時前には寝ましたが、
左半身を下にしたら激痛が走って寝られない!!

正直異常事態でした。
コンクール3日前、どうなる、主人公??!!






疲れた!!!(謎
この続きは明日にでも書きましょうぞ。うん。
ていうかこのペースで書いてたら現在に来るまで2ヶ月くらい掛かりそうですが
いいんだ!あまり誰も読んでいないから(x

じゃあSEE YOU NEXT MORNING(円天(円天ももう下火
[PR]
by tears-1990 | 2009-02-21 14:42 | 高校生活追憶編
この中に犯人がいます。
ついに我がブログ、「パラレルシティー特捜部」が、名前を変えてから
ヤホー検索で出てくるようになりました!わー、パチパチ






携帯版の方がな!!!





これ以上のネタ無いと思います。
ありがたいやら悲しいやら。

ちなみにgoogle先生の方ではまだ出てきません。
出てくるのは喫茶キャッツアイとかいう訳の分からんやつ(失礼


で、あとお知らせなんですけど
追憶編の主要登場人物を記事にまとめてみました ⇒ こちら。
まぁこれから増えるかもしれませんが、まぁ随時追加、んでリンクしていきますね。

昨日は12人の方がいらっしゃったらしいですが、誰が読んでるのやら見当もつきません。
まぁいいことですよね!

前置き長い!

というわけで本編開始です。
今日から2007年の夏ですよー


2007年7月――

さて文化祭も終わり、部員達の次の視点はコンクールへと切り替わりました。

コンクールというのは高校野球でいうとこの甲子園みたいなもので、
中国大会や全国大会につながる、非常に大事なイベントです。
当然高校野球と同じように、地方大会止まりの学校もあります。

で、うちの学校は全国大会出場を目指していたので、
コンクールが近づくにつれて必然的に練習もハードになっていきました。

楽器のパート別練習で、くそったれのF無しの練習ならまだいいんですが
これがたまに日がな一日Fの合奏の日とかあって
それが部員たちに多大なストレスを与えていきました。

そういう日は午前中だけで耐え切れなくなってしまって、
午後はサボるという人が結構いたと思います。実際俺もそうしたこともあります。

部内の空気はどんどん悪くなる一方でしたが、
Fのくそったれは全然気にすることなく、気持ちの悪い指導を続けていました。


話は急に変わって7月初旬。
俺の楽器の調子が悪くなったんです。

トロンボーンというのは・・・
ちょっと画像で説明しますが

c0068115_1412993.jpg


音を変えるのは※1のとこの長さを変えるだけ と思っている人が多いですが、
実は※2のとこにも押すところがあって、そこでも音が変えられるんです。

変なおっさんが吹いてるやつより可愛い子が吹いてるのがあればいいな!とか
邪念の塊を持って画像を探していたら本当にありました。
本仮屋ユイカ様、僕はあなたのファンになります


んで、ですね話を戻しましょうぞ


その※2のとこが押しても戻らなくなっちゃったんですよ。
これは困る!ということで、小頃野さんと話して無断でトロンボーンを変えたんです。
元々俺が吹いていたのはバストロンボーンだったんですが、
ちょっと小さめのテナーバストロンボーンにしたんですよ。

これがめちゃめちゃ調子いいの。

なんていうんですか、楽器を吹きこなせるというかね。
バストロンボーンは古い楽器だったこともあって、
音が詰まるというか・・・音が結構出しづらかったんです。

たとえるなら、マックシェイクをストローで飲むときと
マックのただの飲料をストローで飲むときの違い みたいな感じ(?

それでしばらくの間、そのテナーバストロンボーンを愛用していたんです。

で、それを見たパートリーダーの先輩が
(バストロンボーンが壊れたのだろうか?)と思ったらしくひそかに修理に出したんです。
その後俺と小頃野さんはバストロンボーンが無くなっているのを見て
(バストロンボーンは捨てられた)と思っていました。

10日後。
俺と小頃野さんは驚きました。
バストロンボーンさんが棚に鎮座していらっしゃるのですから。

「先輩!」
「なに」
「このバストロンボーンはどうしたんですか?」
「ああ修理に出したよ」

そうだったのか・・・で?

「どうするんですかこれ」
「え!?修理したんだから使ってよ!」

はあああああああああああああああん!!!!???????



このやろう余計なことを・・・


「わかりました」
「あーい、じゃああのテナーのやつ洗っといてねー」


そして俺はまたバストロンボーンを使うことになってしまいました。

『修理された』バストロンボーンは、※2のところこそしっかり直っていましたが
なんとなくではありますが吹きづらさが増していて、
信じられないくらい息を入れないとちゃんと音が出ませんでした。

おまけに、コンクール曲の一部で俺が死ぬほど出さないとパッとしない箇所があり
俺はとたんに地獄に落ちてしまいました。

コンクールまであと10日!




はぁい、さて疲れたので後編につづく!という形で終わらせてもらいますね。
とりあえず今日の収穫は本仮屋さんでしょうね(謎

じゃあSEE YOU NEXT(^^)
[PR]
by tears-1990 | 2009-02-20 14:28 | 高校生活追憶編
雨のちあられのち雪のちみぞれのち晴れ。
という天候です。雨かんむり勢ぞろい。どういうことやねん。


さて、最近ひぐらしのく頃に というのを読みました。だいたい。

こ・・・怖い!!

物語の冒頭部はなんかホンワカしてるのですが、だんだんとそれが一変していって
最後は惨たらしい終わり方で終わる。
悲惨な漫画です。

何部かで構成されていて、どうやらいろんな視点から同じ話を見ていく形式なんですが
最初は絶対みんな仲良しでほのぼのとしてるんですよね。
で、最後は殺したり殺されたり。

冒頭部は本当に平和なのに、いつの間にやら大石刑事とか富竹とか鷹野が出てきて、
変な方向に話が進むんですよねぇ。

読みたい人はまわりのオタクに声をかけよう!(謎


つーことで久々の本編へ。

2007年6月――

うちの学校は全国的にも珍しく、6月に文化祭があるんですよ。
秋口に文化祭をやると、夏休みが終わった3年の受験の妨げになるとかで。

俺は2年になって副室長(副学級委員みたいなもん)になったんで
男子の中心になって文化祭の準備をすすめました。

ちなみに。
室長、仮に名前を芽野さんとしますが、その芽野さんは

◆少しかわいい
◆結構細め
◆髪クルクル
◆話しやすい
非スイーツ(笑)




完璧だ!!!
ありがとう!!!!



かわいすぎず、細すぎずとかマジ完璧です。ドストライクです。
ヒュンダイ君はそうでもないとか言ってましたが。そういや明日は彼とカラオケです。

んで、まぁーせこせこと俺はメアドをゲットしましてですね。
3日に1回くらいメールのやり取りをしておりました。
相手から来ることもあるし、自分から送ることもありました。
文化祭の話もしつつちょこちょこ雑談もしてましたねぇ。

その芽野さんが、俺のことを有能で助かるワーとか言ってて
なんなん俺そんなんめっちゃ嬉しいやんとか思ったこともありますハッハー!(死



そして。
ある日のメールにて。

「Tシャツの埋まり具合はどうですか」みたいな話をしてたんです。

※Tシャツというのは、クラスTシャツのことで、
文化祭のとき、それを着て校舎内を練り歩くいわばクラスのユニフォームです。
で、そのTシャツに、みんなに寄せ書きをしてもらうということで。

で、俺は4分の3くらい埋まってたんでそう答えると

「聞いてよ!私のTシャツ

ハルヒ書いてもらってからすごい埋まった」




ハ・・・ルヒ・・・?




[以下自問自答]
Q.「ハルヒ」を聞いたことはありますか?
A.聞いたことはあります

Q.どこで聞いた?
A.オタクが好きだなんだと言っておりました

Q.つまり芽野さんは?
A.・・・おたくだーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!



ほう。

芽野さん、オタクだったのね・・・



以下話をあわせるために、
俺もオタクに片足突っ込みだしたとか突っ込んでないとか。

まぁ恥ずかしい話ですが、この芽野さんのせいで
その辺から俺もいわゆるオタクとかいうのになった・・・
・・・のかも、しれません。
これについてはおいおい・・・語りません 笑

今はほとんど興味ないですけどね。うん。


話を戻しましょうぞ。

有能な俺の活躍もあってか文化祭の準備はちゃくちゃくと進んでいました。
芽野さんもとっても有能でテキパキとしてて、我が7組は向かうところ敵無し。
先生にお褒めの言葉を頂くほどでした。


一方部活のほうですが、こっちは結構凄いことになっていました。
先輩方が秘策を使ったり、Fに話を付けたりして、結構負担は和らぎましたが
未だにFパワー(以下FP)は健在でした。

6月初旬には、Fのせいで部活の女子の1人が突如部活に来なくなって
そのまま退部挨拶もなしでやめてしまったりしました。

その際もFは全く気にもしないで悠々としていたので
部員全員が殺意を抱いたのは言うまでもありません☆

「僕の言うことが聞けないヤツは、部活を辞めてもらっていいんだ」。

そのときのFのこの言葉は、部活を叩き壊しますが、それはまた後の話。

で、3年生の先輩方の秘策がすごいんですよ!

Fがいない時を見計らって合奏をする とか
合奏前Fに「今日は生徒の指揮で合奏をします」 とか・・・



もうこれがなかったら更にストレスがたまってて、
もっと部内はメチャメチャだったんでしょうね。すごいです先輩方。

着々と文化祭演奏の練習をする。
そこに顧問の妨害が入る。
それをかいくぐって、上達する。


うん、おかしいよネ☆



そしてあれよあれよの間に文化祭当日になってしまいました。
1日目の演奏は、F指揮だったものの、もうみんなやけくそで演奏して
なんとか及第点の演奏ができました。
1日目終了後、Fが「今日はよく頑張った」とか言ってましたが
みんなうっせボケ 死ね と思ってたのはいうまでもありません。

で、2日目。

小さな事件が起こる・・・


言ってませんでしたが我が7組はストラックアウトをやったんですよ。
1回50円で5球。列・穴の数に応じた商品がもらえるんです。

で、9時に開始と。

一応芽野さんも俺も遊びたいので、クラスで何時担当で番をする。
俺は10~11時で、芽野さんが午後のいつかでした。
でも一応どんな感じなのかなと思って、9時半くらいに友達と一緒に7組に行ったんです。
そしたら・・・


あ!

商品を盗んでいるうつけ者だァーッ!!



でそのうつけ者を御用としましてですね。
番のやつらに「ちゃんと言ってくれよー」と言いに行こうとしたんですが

番のやつら全員クラスのゴミどもだァーッ!!



そうです。留意できてなかった・・・
このゴミどもはですね、
クラスが机などの準備をしているときにストラックアウトで遊んだり
会場の掃除をしているときに教室内を走り回るとか

低脳なんですよ低脳。

俺は
なんか2年になって俺のまわりにクソみてぇなやつ増えたな・・・

と思いました。

で、俺はですね
平和的に

「俺が番やったげるから遊んどいで^^」って言いましたら
すごい勢いでどっかに行きました。
複雑な心境ですがまぁいいのです。
友達には金魚すくいの券を渡して一緒にやってもらいました。

その後はそのウジ虫下衆野郎も7組にはよりつかず、文化祭も平和に終わりました。
最後芽野さんに「お疲れ!」と言われ俺はああんかわいいんと思いましたが
クールに「おつかれさまー」と返しておきました。


文化祭の話は以上です。やたらに長い!
まぁいろいろ思い出深かったので、長くなるのも当然でしょうねぇ。

ちなみに芽野さんですが、このあとは変なとこでたびたび登場します。うん。
乞うご期待(?

では明日の朝に!SEE YOU NEXT MORNING(円天(飽きてきた
[PR]
by tears-1990 | 2009-02-17 14:52 | 高校生活追憶編
タイトルボツ案→「スコッティ部隊 虎の巻」。
さて昨日言っていたとおりブログ名とスキンを変えてみました。
スキン、変えてるんですよ、これでも。
ブログ名は相当悩んで、語呂がいいのと意味も含めてよさげなのにしました。
まぁしばらくはこれでいきましょう、うんうん。ハッハハハ

ともあれどーも、おはようございます友井です。

昨日の昼くらいにテレビを見てて、チャンネルを適当に押していたら
とんでもなくでっかい目をした少女が画面に出てきて
サイキックホラーかと思いました。

こちらが画像です。

c0068115_10494380.jpg




こんな娘がおるかあ!

日常からいろいろかけ離れすぎです。
で、好奇心で最後まで見てしまったんですが、幼児の啓発的な内容でしたね。
「あきらめなければ、絶対大丈夫だよ!」みたいなコンセプト。

まぁ俺はこんなどえらい顔に生まれたら生きるのを諦めますがね(x

つーかこんな感じで人間を書き出したのは
いつからで、誰からなんですかね?調べたら面白いかも。

で、このことを友達のヒュンダイ君(初登場、仮)に
メールで伝えてみたんですよ。
ヒュンダイ君はサッカー部で、さわやかで、クラスの人気者で、彼女もいます。
そんな彼がですね 返してきたことばはですね




「きらりんレボリューションだな」


なんで知ってんの?!



そうかヒュンダイ君は隠れオタでした。忘れてたアッハハハ
で、そのあと話を聞くと
「常識だろ」とか「意外と面白い」とか
「途中で作画が変わった」とか言っておりました。








そ・・・そうですか。


濃いですね。うーん。

という話ですよ。
ヤマ無し、オチ無し、笑い無し!

さて本編に行きましょうぞ。
いまさらですが、この今書いてるやつは
「高校生活を書き残しておきたい!」という俺の自己満なんで、
まぁ適当に読み流してくれればOKです。本当に今更ですが・・・笑


つーことで今日は4月の書き残しと5月です。


あの忌まわしいFの合奏が終わり、翌日となりました。
翌日も朝から部活があり、9:00には皆集合が完了しました。
見ると部員達の顔は曇っていて、部内の空気は悪く、雰囲気は最悪でした。
その時です。

F「~~ちゃん。今日の合奏は云々~~」







???????????????????????????????



・・・ちゃん付け?!





そうなのです!
このFは、全ての女子部員をちゃんをつけて呼ぶのです。

すごく・・・きもちわるいです・・・

男子は下の名前に 君 付け。

やっぱり劣悪な教員というのは何をやらせてもダメなんですね。
そんなわけでFは来て1日2日でと判定されました。

そしてこの日も合奏があったのですが、やはり50分程度の延長。
文句なしのダメ教員、糞教員。

しかも、大変なことに、

ピアノ(笑)の教員だから、
吹奏楽のことを何一つ分かってないんですよ。
見当違いの事を偉そうにしゃべる。
で、それを実行させる。
当然そんなの間違ってるから出来ない。
んで怒る。

最悪の流れというか、最悪の指導じゃないですか?


まぁ合奏が終わってから修正するんですけどね。
修正しなかったら音楽人生が終わってしまうのです。

この指導者(笑)のもとで、部員達は4月を過ごします。
あのどんどん早くなる指揮で入学式の演奏も行われ、
うちの部は多大な恥をかいてしまいました。
入学式に来てた人が、Fが悪いと思ってくれてたらありがたいです。

4月だけで俺の携帯のメール受信ボックスにも
Fの愚痴メールが500件を超えました(ガチです)

4月ということで新学期の授業も始まり、もちろんFが音楽を担当するのですが
聞いた話によると(俺は書道を選択したので音楽がありません)
生徒たちにも部員と同じような態度で接したらしく、
初回で嫌われ、見限られてしまったそうで
自習道具、携帯、そしてPSPやらDSやらを持っていく生徒もいました。
俺は彼らから、部員ということで同情のコメントをもらったこともあります。

なのでその学期末、7月にある教員評価のための授業アンケートで
Fの評価を最悪にしようぜ!という働きかけがあり、
全クラスほとんどの生徒が評価を最低にしたと。こういう逸話(?)もあります。

振り返って見ると、結構すごいことやってますねw



そんな感じで4月が過ぎ、5月を迎えるわけです。

5月のある日。
先輩方はたまりかねて、こっそり1・2年をある教室に集合させました。
そこで部長が言ったのが、

「みんなも思っているかもしれないけど、
 F先生の指導にはずいぶん悪いとこがあるよね。
 だから私たちは、
 自分たちだけの力で全国に行くから、みんなもついてきてね。」


それだけで解散しました。
その時は部長カッコイー!!と思ったのですが、
家に帰ってからよく考えてみると
裏返せば

「引退したあとのこと?知らねーよwwwwww」

に聞こえるような・・・

気がしないでもないような・・・



まぁ深いことを考えるのはやめることにしました。その時は。


こういう感じで5月も終わっていきます。
部員達のストレスはものすごいものになっていきます。

当然、部活が3月以前のままであるわけはなく。

どんどん部活は壊れていきました。

本当の恐怖は9月以降に訪れますが、まぁそれはのちのち。
次は2年のときの文化祭の話をしたいと思ってます。たぶん来週になるかな


日記を書いているうちに昼になってしまいました!!
100分かかってしまったあああああああ!!!!!!!

To be continued... また見てね(ポケモン
[PR]
by tears-1990 | 2009-02-12 12:03 | 高校生活追憶編